春を待つ「霧島茶」

2017年2月、霧島に雪が降りました。霧島連山からの凍てつく吹き下ろしの風は茶畑を通り抜けます。この雪や寒さで茶の木は生育を停止させて、寒さから身を守るために「力」を強めその分、ぐっと美味しい成分をたっぷり蓄えます。4月、霧島茶の「新茶」は深くまろやかな味を醸し出します。

01春を待つ霧島茶茶畑(西製茶)